ツインソウル ∞ アセンションへの鍵

ボクたちは何故出逢ったのだろう?そこには宇宙規模のドラマが隠されていたのです。それもアセンションへの鍵が・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

Jingle Bells

†゚*。Merry Christmas。*゚†

みなさん クリスマスはいかがお過ごしですか?

私はふだんと何も変わらずに過ごしております。

クリスマスって子どもの頃はプレゼントがもらえるのが嬉しくて楽しみにしていたのに

大人になるにつれて誰かといなければ寂しく辛く感じるようになっていました。

街はとてもにぎわい、一人でいると寂しさが肌身に染みてとても苦痛に感じたこともあります。

ある時はクリスマスシーズンが大嫌いでした。

24日~25日にかけて家に引きこもっていたこともありました(笑)

そんな私もツインソウルの彼女と出逢う数年前から一人でクリスマスシーズンを楽しむことが出来るようになっていました。

一人でいることにも慣れてしまって寂しいと感じることもなくなっていたんですよ。

ある意味の開き直りですかね~(笑)

ところがツインソウルの彼女と出逢う直前の年のクリスマスは私にとって史上最悪の日でした。

私はその頃、彼氏のいる女の子に恋をしてしまっていたのです。

完全な片思いです。

それと同時に自分にとって辛く苦しい過去の封印をしていた記憶が一気に流れ出てきて思い出されてしまったのでした。

それはもう死ぬかと思うほど苦しいものでした。

それから数ヵ月後にツインソウルの彼女に出逢うのですが、私にとっては地獄から天国に引き上げられたと言っても過言ではありませんね。

今日はツインソウルの彼女と出逢ってから2度目のクリスマスです。

昨日はツインソウルの彼女とは短い時間でしたがイブを過ごすことができました。

今日は私も仕事が立て込んでいるので彼女には会えませんが、穏やかにクリスマスを一人堪能してます。

みなさんもそれぞれのクリスマスのエンジョイしてくださいね。


The Brian Setzer Orchestra の Jingle Bells です


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ


FC2 Blog Ranking

にほんブログ村 恋愛ブログ ソウルメイト・ツインソウルへ
にほんブログ村

クリスマスプレゼントは応援クリックがいいなぁ(笑)

テーマ:恋愛 - ジャンル:恋愛

体験談 | コメント:4 |

きっとどこかにいる・・・

私はツインソウルに出逢うずっと前から心のどこかでツインソウルを求めていたんだということを最近になって思い出しました。

その時はツインソウルという言葉や概念も全く知らない時だったのですが、なぜか自分に完全にフィットする相手がいると思っていたのです。

当時は自分のたんなる願望なのか?妄想なのか?夢でも見てるのか?そんな感じでした。

なかなか彼女を作らない私を見て友人たちは「理想が高すぎるんでないのか?」とよく言っていたものです。

自分では理想が高いということはないと思っていたのですが、恋愛に妥協は出来ないと思っていました。

それを理想が高いと言うのでしょうか?(笑)

そんな理想の高い私も(笑)20代の終わり頃、恋愛や結婚について考えることもありました。

周りの友人たちはほとんど結婚をしていき、私は取り残される感じになりました。

でもかといって焦りみたいなものは一切なく、逆に『みんなよく簡単に結婚できるなぁ』と感心していたものでした。

自分は結婚どころか恋愛すら簡単には出来ないと思っていたのですからなおさら結婚にリアリティはありませんでした。

ところが29歳の時(現在42です)、当時付き合いかけた女性から結婚をしてとせがまれたことがありました。

その時、結婚と言う言葉が妙にリアルに感じてきて、『こうやって人は結婚していくのだろうか?』と思いながら流されそうになる自分を客観的に見ていました。

私はこれも人生かと思いイエスと言いかけた時、心の底から『イ ヤ ダ ーーー!!!」と出てきたのです。

今思うとあの時結婚してなくて良かったなぁと思います(笑)

私は恋愛や結婚に妥協は禁物だとずっと思ってきていたんですが、私には正解でした。

私は仕事柄今までたくさんの人の恋愛や結婚についての相談を受けてきていますが、妥協とか打算っていうのが意外と多いもんなんですね。

私は男なので女性とは全く立場が違いますから、男性にしか言えないのですが・・・

妥協はしない方がいいですよ!

女性に言えることがあるとしたら・・・

なるべくなら打算的に男を見ない方がいいですよ!

でも、人それぞれの運命ってあるのかもしれませんよね。

今一人で寂しいと思っている人がいるかもしれませんが、焦りは禁物ですよ!

一人でいる時には寂しさを自分自身で埋めてあげることが先決です。

寂しさを埋めるために誰かを求めたならばいっそう寂しい人を引き寄せてしまいます。

自分を満たすことによって、より自分を満たしてくれる相手が現れるのだと思いますよ。

私はそれがベストパートナーと出逢う秘訣なのではないかと思います。


Michael Jackson さんの Will You Be There です



人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ


FC2 Blog Ranking

にほんブログ村 恋愛ブログ ソウルメイト・ツインソウルへ
にほんブログ村
久しぶりの更新で長いことお待たせしました~
あなたの応援クリックが私のやる気に火をつけます!(笑)

テーマ:過去を振り返る - ジャンル:恋愛

体験談 | コメント:11 |

ミスターロンリー

Mr.Lonely ♪

私がふとした時に口ずさんでいた曲です。

自分ってミスターロンリーだなぁって思ってました。

私は彼女のいない時期が長くてひとりでいることに慣れ過ぎていました。

周りからは「理想が高いからだ」とか「ちょっと妥協したらどうだ」とか言われ続けていました。

でも私は特に理想が高かったわけではありません。

そして妥協と言われてもよくわかりませんでした。

第一に人を好きになるってどんな感じだったのかすらわからなくなっていました。

道行くカップルを見ては・・・

『何故 オレは一人なんだろう』としみじみと思う時もありました。

周りの友達には彼女がいて 次々と結婚していき・・・

それなのに自分はいつも ひ と り ・・・

そんな時に『自分の片割れってどこにいるのだろうか?』
と寂しさ故に現実逃避をしたくなった時もありました。

私は自分に何が欠けているのだろうか?と欠けているものを探してみました。

すると自分が欠陥品であるかのように思っていくだけでした。

そして自分が未完成品であるかのような気持ちが募るばかりでした。



そのうちに孤独感にも飽きが来て 一人でいることにも充実感を覚えるようになりました。

クリスマスイブに一人で街中をうろうろしていても寂しくなくなっていました(笑)

Mr.Lonely・・・そんな自分がとても好きになっていました。


そして、出逢ったのです。

私の片割れ ツインソウルの彼女に!


一人でいることを嘆き悲しまないでください。

一人ぼっちの自分をかわいがって好きになってください。

あなたが自分自身の最高のパートナーになった時に 
あなたの本当のパートナーが現れるに違いありません。



Bobby Vintonさん の Mr.Lonely です




人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ


FC2 Blog Ranking

にほんブログ村 恋愛ブログ ソウルメイト・ツインソウルへ
にほんブログ村
上↑の3つのランキングバナーを一日一回クリックして応援してくださいね☆




テーマ:恋愛 - ジャンル:恋愛

体験談 | コメント:1 |

ツインソウルと神秘体験

ツインソウルの彼女と出逢ってから1年以上経ちましたが

その中でわかってきたことが多々あります。


出逢った当初お互いにツインソウルだと認識してから

ツインソウルっていったいなんぞや?

というところから二人でこの先どういう風になっていくのだろうかと話し合いました。


あまりにも普通の恋愛とはかたづけることができないような予感が 

私たち二人には感じられたからです。


彼女はツインソウルに関しての文献をインターネットで調べ始め

私よりも先に色んなことを学び始めました。

先ずはエンリケ・バリオスさんの「アミ 小さな宇宙人」の続編の「もどってきたアミ-小さな宇宙人」と「アミ3度目の約束-愛はすべてをこえて」と さらに「ツインソウル-なんのために双子の魂はめぐり逢うのか」を一気に読み上げ これは私にも早く読んだ方がいいからと勧めるのでした。

私は単なる小説だと思っていたのですが・・・


さっそく彼女は「もどってきたアミ -小さな宇宙人」をすぐに読んでとその本を私に手渡したのでした。


その晩 彼女は『彼と会いなよ。会えばわかるから!』とアミだとアピールする意識体から言われたのでした。

最初は気のせいだと思っていたのでしたが翌日も会うことにしました。

翌日 会ってから私たち二人に 今だかつて体験したことのない神秘的なエネルギー交換?としか言いようがない出来事が起こりました。

詳しいことは ここでは説明できないのですが 前日にアミだとアピールする存在が 彼女のハートに語りかけてきた『会えばわかるから』という意味はまさしくこのことか と納得しました。


この後 彼女と別れてからとある場所で

私はUFOと遭遇したのでした。

UFOは私に存在をアピールするかのように上空を飛び回り

そして小さな光の球が私の目の前までゆっくりと近づいてきたのです。

その小さな光の球はまるで私を祝福をするかのように私の周りでダンスを始めたのでした。


Stingさんの Shape of my heart です


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ


FC2 Blog Ranking

にほんブログ村 恋愛ブログ ソウルメイト・ツインソウルへ
にほんブログ村
上↑の3つのランキングバナーを一日一回クリックして応援してくださいね☆


テーマ:独り言 - ジャンル:ブログ

体験談 | コメント:2 | トラックバック:0 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。